FC2ブログ
TOP PAGE
Read more

アテネへ1-3

高速船だと早い。朝、乗ってお昼にはアテネの港に着いてる。 港から市内までは遠いけどね。これで本土へ渡るたびに「帰りは飛行機だわぁぁ」と思う。...

 26, 2017   0
Read more

アテネへ1-2

別に急ぐ旅じゃないから、船で行くことにした。FIRAまではTAXIを呼んだ。大した荷物もないしね。でも大きなスーツケースひとつはあるからオジさんに港まで運んでくれるように頼んだ。もちろん、オジサンが港まで持ってきてくれるわけじゃない。オジサンは崖の上まで。崖の上に大きなカーポートが有って、そこにTAXIが来てくれる。そのクルマに乗ってFIRAの町までmamiと一緒に運ばれて、それからも一回ロバに載せ替えて波止場まで持...

 26, 2017   1
Read more

アテネへ1

フランクフルトから電話がかかってきた。アテネで顔を合わせてMTGしたいとのこと。もちろん、そんなこと云いだすのは、mamiの元上司A。あらま。私がティラにきてること、どっかで聞きつけたのね。仕方ないから・・本土へ。おでかけ。 泣く子とクライアントにゃ勝てない...

 26, 2017   0
Read more

朝、オジサンのベントレーが

「朝ごはん、しよう」とオジサンから電話。いいわよと返事をしたら30分もしないうちにベントレーが迎えに来た。まったくもう。この島に一番似つかわしくない車ね。 食事の後、午後いっぱいオジサンのホテルで遊んでから帰りました。帰るってmamiが言ったら、すごくさびしそうにするの。あはは♪...

 25, 2017   0
Read more

観光客と

遅い午後の食事で崖の上に出てレストランに入って食事してたら、若い如何にも観光客のオニーサマがじっとmamiのことをみてる。で、なんとなくその行きずりの観光客さまと交尾。彼女と来てるんだって。でもオカマとセックスしたかったんだって。 夢がかなった!って大喜びしてました。mamiもすごい気持ちよかった。めでたしめでたし...

 24, 2017   0
Read more

崖の下へ

崖の下まで歩いて降りた。ちぃさなレストランがあるので、そこで食事。もちろん独りぼっち。しこたまワインを飲んで、TAXIを呼んだ。 自分の家のすぐ下なのにTAXIはFIRAから来て、波止場に繋がっている細い舗装された道を降りてくる。レストランのテーブルは海岸沿いに出てるので、TAXIが曲がりくねった道を降りてくるのが分かる。ああ!あれね・・って。だって、わざわざTAXIを呼ぶなんてmamiくらいなもんだからね。ガルソンが「...

 22, 2017   0
Read more

そぞろ歩きする観光客たち

帰宅しました。帰りもオジサンのプライベート・ジェットでした。夕方のティラに戻りました。オジサンも一緒。で。FIRAのオジサンが定宿にしてるホテルへ誘われたけど、帰宅しました。そしたらOIAまで送ってくれた。それがなんと・・ティラに来た時に乗るためのオジサン専用車なの。びっくりしたぁ。ベントレーよ。この島に似つかわしくない車(^o^;;で。OIAの村の大広場の裏の駐車場で降ろしてもらいました。それで、そぞろ歩きする...

 20, 2017   0
Read more

スキアトス島へ06

朝早く目が覚めたりで、コテージの裏から外へ出てみた。そしたらオバさんが掃除をしてた。mamiが「καλημερα σαε!おはよう」といったら、仕事の手を休めて笑いながら「καλημεραおはよう」と返してくれた。「Εiναι αναζωογονητικo το πρωi爽やかな朝ね」と言ったら「Εiσαι ελληνikaギリシャ語が上手だね」と言ってくれた。うれしかった。...

 19, 2017   0
Read more

スキアトス島へ05

オジサンすごい。じっくりとじっくりとハメてくる。 昨日の夜も結局そんな感じ。じっくりと・すごかったです。...

 19, 2017   0
Read more

スキアトス島へ04

お乳あるわよ。大したもんじゃないけど 吸われると・・ビンビンかんじちゃう...

 19, 2017   0
Read more

スキアトス島へ03

夜が静か。食事は外のテーブルで。「町へ出てみる?」と聞かれた。「んんん。ここでいい。ここで飲も。お料理美味しいし。」「バカンスの時は、キッチンの連中も連れてくることにしてるんだ。ワインも食材もな。だからいつも大荷物さ。」「全員であのプライベート・ジェットで?」そう言ったら彼が笑った。「雇い人で乗れるのは秘書だけさ。」なるほどね。そういうものなのね。...

 18, 2017   0
Read more

スキアトス島へ02

スキアトスの飛行場も小さい。でもビーチが有名だからシーズンは観光客が多い。いいな!と思ったのは傍若無人なチャイナの観光客は皆無。ほとんどが欧州人だけ。へんなペナペナなウエディングドレスを着て自撮棒で写真を撮るチャイナな観光客がいない。これ。いいわね。サントリーにはダメです。そんな連中ばかり。mamiの住んでるOIAでも大量発生してます。オジサンのジェットは快適でした。滑走路に車が迎えに来ていて、それでオジ...

 18, 2017   0
Read more

スキアトス島へ

昨夜のオジサンのとこで、朝食を一緒した。そしたら「俺のビーチに遊びに来ないか?」と誘われました。スキアトス島にビーチを持ってるんだって。スキアトス島ってわりと近い。ヌーディストビーチと飛行機の離着陸が有名な島なんです。「えーどうしようなか」と迷ってたら「プライベート・ジェットで来てるから、乗ってしまえば30分だよ」と言われた。「んーじゃ。いく」と言ったら、オジサン大喜びしてた。でも行くとなると支度が...

 18, 2017   0
Read more

オジサン、太くて美味しいわ

FIRAで飲んでいたら、やたら話しかけてくるオジサンがいた。やりたい気まんまん。いいわよ、やらせてあげる。でもどこで?そしたらオジサンの泊っているホテルへ連れ込まれた。そして床に四つん這いにされて・・ 約束通り、ハメながら片手で携帯写真撮ってくれた。あん。でも、ナマだったのね。あとで知ったわ。...

 17, 2017   0
Read more

星降る村

長めにシャッター速度を設定すると、いとも簡単に星が写る。空気が澄んでいるのね。じかに目で見てるのと同じ感じの写真になる。 mamiの家は、あの風車のむこうがわ。...

 16, 2017   2
Read more

FIRAの町って遠い

こうやってマジマジと見ると、やっぱりFIRAの町って遠い。OIAは田舎だわぁ~...

 16, 2017   0
Read more

窓辺で交尾

配達に来たロバ宅配のお兄さんと窓辺で交尾。彼とはこれで三回目 すごい腰使いで、ガンガンと突いてくるの。mami、きっちりとソレを受け止めてあげる。 こんなオカマとでもチップあげると、やりたがってくれて、うれしい...

 14, 2017   0
Read more

お掃除のおばさん

二日に一度、部屋の掃除に来てくれるオバサン。旦那のロバタクに乗ってやってきた。「オヤジが、この子を使って稼ぐお金より、アタシの稼ぎのほうがいいからね。自家用車よ」と言っていた...

 12, 2017   2
Read more

チンコの向こうにどんな男が付いててもかまわない

いつも行くFIRAのバーで、バーテンに言われた。「mamiは、どんなタイプの男が好みなんだい?」って。だから人差し指と親指で丸を作って「このくらいかしら」と言ったら、大笑いされた。「おいおい、アレのサイズじゃないよ。見た目とか性格とかだよ。」そう言うからmami、言ってあげた。「あんまり、おチンチンの向こう側についてる男については寄り好みないの。要するに好みのサイズと好みの長さがあれば、それでいいの。」「なる...

 10, 2017   0
Read more

街へ出るのはバスで

さすがにロバタクシーは乗りません。FIRAまでは、わりと遠いから。バスで出かけます。でも帰りはもう間違いなくタクシーね。でもmamiの家は崖の頂上じゃないから。すこし階段をおりたところだから。真夜中の帰宅は、けっこうこの階段が怖いです。細いし狭いし真っ暗だし。酔っぱらってオトコ連れ込むときも、階段では一瞬シラフになります。...

 09, 2017   2